カテゴリ:SH考察( 6 )
【Roman】『見えざる腕』――二人のLaurantの所属している軍は?
  『見えざる腕』がChronicle2nd『聖戦と死神』と関係があることは、「Alvarez将軍に続け」という台詞から言うまでもないことだと思います。
 そこで気になるのは、二人のLaurant――金髪のLaurantと赤髪のLaurantは一体どこの国に所属しているのか、ということです。残念ながら、歌詞からは二人のLaurantが敵対していたこと、どちらかがAlvarezと同じ軍であったことぐらいしか読み取れません。かなり推測・憶測が混じる記事になりますが、それでもよければ続きをお読みください。

More
[PR]
by lyricist_m | 2006-12-25 06:36 | SH考察
【Roman】『呪われし宝石』関連資料
有限会社マート 鑑定士入門「宝石編」 ダイアモンド――有名な宝石色々。
ホープダイヤモンド - Wikipedia――『殺戮の女王』のモデルか。
[PR]
by lyricist_m | 2006-12-17 08:22 | SH考察
【Roman】疑問点色々。
とりあえず思いついた疑問を書き込んでみる。

全体的に
 曲の間で時代が飛びまくりじゃね?

2.「焔」より
 これって誰の話? 誰視点?

3.「見えざる腕」より
 金髪のLaurantの仕事って何だろう?
 二人のLaurantの所属している軍は?


4.「呪われし宝石」より
 掘り当てたのもHiverで盗んだのもHiver?
 「『彼女』が再び世に解き放たれ」たのはいつだ?

8.「美しきもの」より
 他の曲との関連性は?

ボーナストラック2(屋根裏の方)より
 MicheleとHiverの関係は?
 嘘を吐いているのは誰だ?
[PR]
by lyricist_m | 2006-12-12 22:44 | SH考察
【Elysion】『Yield』(2)――首を刈られたのは何人?
 Yieldの歌詞中で誰かが首を刈られたことが暗示されているものの、解っているのは「3-1+1-2」という数式のみ。「問題となるのは個の性質ではなく 唯...記号としての数量」と言われても、やはり誰が首を刈られたのかは気になります。
 ということで、今回はまず「首を刈られたのは一体何人か?」をまず考え、次に「首を刈られたのは一体誰か?」について考えてみようと思います。一度に全部書くと長くなるので、今回は「何人か?」の方だけで。
 それでは、考察という名の可能性の列挙を始めましょうか。

More
[PR]
by lyricist_m | 2006-06-08 10:26 | SH考察
【Elysion】『Yield』――消え去った彼らとは誰?
 ぼんやりとYieldを聴いてて思った事を一つ。
 歌の最後の方で、
――最後に現れたのは『仮面の男』
彼らが消え去った後 荒野に一人取り残されるのは誰――

 という歌詞がありますよね。
 今までは「ここで消え去った彼らとは仮面の男とルド子(Yieldにおける私)のことであり、荒野に一人取り残されるのは首を刈られなかった人だ」と思っておりました。
 が、「消え去ったのは首を刈られた人々で、荒野に一人取り残されていたルド子を仮面の男が迎えに来た」という解釈もありなんじゃないかなぁとふと思いついたのですよ。つまり、最終的に荒野には誰も残らなくなると。
 時系列の逆転が起きる(歌詞の通りに時間が流れていない)ので、少し厳しいかなぁとも思います。1番と2番で時間の順序が違うとか、そういう大きなブロックごとの時間の相違はありうるとしても、このたった二行の中で時間通りに行かないってのはどうなのかなぁ。

 とりあえず今日はここまで。次は「首を刈られたのは誰なのか」についてでも書きましょうかね。
[PR]
by lyricist_m | 2006-06-05 20:22 | SH考察
【Chronicle2nd】『聖戦と死神2』――ブキヲモタヌモノニナニヲスルノダァ
 今回のネタは、Chronicle2nd8曲目、「聖戦と死神2」。
 「親父はOffenburgで死んだ...」のくだりを言っているのは誰なのかということです。

More
[PR]
by lyricist_m | 2006-05-10 00:07 | SH考察