カテゴリ:NScripter( 117 )
NScripter用テキストエディタ
 NScripterを使っててよく思うことの一つに「NScripter専用テキストエディタが欲しいなぁ」というものがある。
 よくあるフリーのテキストエディタに強い不満があるわけじゃない。WHiNNYとか、命令や変数に色が付いて本当に使いやすいと思う。
 だが、あと一つ欲しいと思う機能がある。簡易実行機能だ。テキストエディタでちょこっと修正、ボタン一つで簡単起動。嗚呼なんてすばらしい。
 「ツールの設定をすればいいだけじゃないか」と思うかもしれない。たしかに、大体のテキストエディタにはボタン一つでツール起動といった機能がついている。だが、あれは特定のフォルダにある特定のツールに限った話だ。
 例えば、ちょっと思いついたことを試してみようと、デスクトップに新しいフォルダを作ってnscr.exeを放り込み00.txtを新規作成し、いっちょやってみっかと思うことは多々ある(少なくとも自分の場合は)。そういう時に一般的なテキストエディタじゃツール設定を変えなければ簡易実行が出来ない。これがとても不便に思えてしょうがないのだ。所詮思い付きを試したら消される運命にあるこのnscr.exeをわざわざ登録するなんて。お試し用フォルダを作っておこうにも、えてして思いつきというものは同時に複数発生したりするものだ。
 この問題を解決するには、ツール設定で「実行するファイルをフルパスで指定」ではなく、「実行するファイルを、今開いているファイルからの相対的な位置で指定」だとうまくいくと思うのだがどうだろう。NScripterの場合、スクリプトは必ずnscr.exeと同じフォルダに置くことになるのだから、こうすれば真っ当なプロジェクトも思いつきでもちゃんと動くと思うのだが、どうか。

 21日のイベントが終わったら、テキストエディタの製作方法でも勉強してみようか。
[PR]
by lyricist_m | 2007-01-04 08:20 | NScripter
エラー
 何とかして自作マウスジェスチャーを完成させようとしているのだが、どうも安定性に問題がある。原因不明のエラーで落ちまくってるのだ。原因を究明しようとdebuglog 1でデバッグログを出してみるのだが、そうすると今度は落ちない。デバッグウィンドウを表示していることで、落ちる時と状況が変わるためだと思われる。デバッグウィンドウを出さずにデバッグログを出してくれたらきっと落ちる状況を再現できるのだが……。
[PR]
by lyricist_m | 2006-12-26 21:37 | NScripter
マウスジェスチャー
 君影草工房さんの第4展示室にてマウス機能拡張 for NScr Ver0.0というプラグインが公開されている。
 このプラグインを使えばマウスジェスチャーを簡単に実装できるのだが、実は使わずとも実装できる。かなり面倒だが。
 プラグインなんて使わない、NScripterだけで俺はやる! という自分のような奇特な方は続きをどうぞ。

More
[PR]
by lyricist_m | 2006-12-25 08:47 | NScripter
getspsize
 getspsize命令でスプライト番号に存在しないスプライトを指定した場合、戻り値はどちらも0になる。スプライトの存在確認をする場合に使えるのではないか。


 確認用簡易スクリプト
*define
game

*start
;0が返されることを確認するために、あらかじめ0以外の値を入れておく
mov %0,1
mov %1,1

getspsize 0,%0,%1

%0、%1@
end
[PR]
by lyricist_m | 2006-07-19 12:20 | NScripter
NScripter Ver.2.63リリース
細かいバージョンアップが続いてますね。今回の変更点は以下の通り。
・CSVファイルを扱う新命令(csvopen,csvread,csvwrite,csvclose,csvof)を追加。
・「ロードを挟むと画像タグmのスプライトの透過指定が無効になる」バグを修正。

CSV系命令はCのファイル操作とほとんど同じなんで、Cやってる自分にはとっつきやすそう。
ただ、今のところCSVの使い道を思い浮かばないからなぁ……。
[PR]
by lyricist_m | 2006-02-07 12:38 | 未分類
NScripter Ver.2.62リリース
NScripter Ver.2.62が公開されてました。変更点は以下の通り。
shadedistance命令とspfont命令がdefine節限定命令(F命令)から何処でも使える命令(F・E命令)になった。ただし、リセットされても設定は元通りにならないため各自管理する必要がある。
logsp2に機能追加。ボールド指定と影指定の追加。getlogで取得した文字列だけでなくユーザが指定した文字列の使用可能。ルビ可能。改行(¥マーク)が有効。つまり複数行(ルビも可)の文字列スプライトとして使用可能。
また、strspでも同様に機能する(logsp2にstrspという別名がついた)。


上記の「各自管理が必要」っていうの、実はよくわかってないです。後で試しに使ってみよう。
logsp2(strsp)は便利そうですな。
[PR]
by lyricist_m | 2006-02-06 11:25 | NScripter
NScripter ボタン戻り値一覧
[2008年4月20日編集]
ボタンモード(btnwait系命令)時に返ってくる戻り値(返り値)をまとめてみました。

0 左クリック
-1 右クリック
-2 ホイール↑ or btntime指定時のボタンモードで時間切れ時に返ってくる
-3 ホイール↓
-4 btnarea命令で使用される
-5 usewheel命令使用時、btntime指定後のボタンモードで時間切れ時に返ってくる
-10 エスケープキー
-11 スペースキー
-12 PageUp
-13 PageDown
-19 エンターキー
-20 Tabキー
-21 F1
-22 F2
-23 F3
-24 F4
-25 F5
-26 F6
-27 F7
-28 F8
-29 F9
-30 F10
-31 F11
-32 F12
-40 カーソル↑
-41 カーソル→
-42 カーソル↓
-43 カーソル←
-50 Insertキー
-51 z
-52 x
-53 c
-60 getskipoff使用時にスキップオフを検知すると返ってくる
-61 getskipoff使用時にオートモードオフを検知すると返ってくる
[PR]
by lyricist_m | 2006-02-02 11:09 | NScripter