先送り機能について考える。
 シナリオを先送りできるということは、シナリオの先を取得できていて、尚且つ任意の場所にジャンプできないといけない。ということは、各ページごとにラベルが必要なのでは。
 どうもNScripterでは実装が無理な気がする。やるなら吉里吉里だろうか。

 あと、先送りが出来るということは、自分が作った回想における巻き戻し機能じゃなくて、完全な意味での巻き戻しが出来るのではないだろうか。前に飛ぶか後ろに飛ぶかの違いしかないわけだから。

 まず思いついたのは、シナリオファイルの内容を一旦配列か何かにぶち込んで、そこから1行ずつ読み出して実行、ジャンプする時は配列の添え字を変える、という方法。
 ただ、これって既読判定とかどうするんだろう。シナリオブロックごとに既読判定とか?
 うーん、やっぱり難しそう。
[PR]
by lyricist_m | 2009-01-25 03:29 | NScripter
<< シナリオプレイヤーについて考える。 巻き戻し機能 >>