巻き戻し機能
 巻き戻し機能のサンプルを作成しました。Delusionist's Utopiaから落とせます。
 以前作った循環バッファ+回想のサンプルに手を入れてさっくり作成。そんなに手間はかかりませんでした。変数番号がバッティングしていることに気付かなくて「なんでバグるんだ?」と頭を抱えることはありましたが。

 やってることを簡単に説明します。
 まずは背景と立ち絵のファイル名を格納する変数を用意します。立ち絵は左、真ん中、右と場所ごとに準備。次にbg、ld、cl命令を上書きして、表示中のファイルを保存できるようにします。そして改ページの時にそれらをログと一緒に保存すればOK。あとは回想モード中に、ログと一緒にファイル情報を取り出して表示すれば、目的が達成できます。

 やはりそんなに難しくありませんでしたね。今度からうちのゲームに実装しようかな。
 次はシナリオプレイヤーに関する話でも。
[PR]
by lyricist_m | 2009-01-24 23:25 | NScripter
<< 先送り機能について考える。 構想 >>