btndownとwindowerase
 マウスジェスチャーでsystemcall windoweraseをできるようにしようとしたところ、どうも上手くいかない。systemcall lookbackも同様。
 どうやらbtndownで押しっぱなしを取得しているせいで、「ウィンドウを消去する→マウスジェスチャー時のクリック検知→ウィンドウ復帰」という流れになってしまっているらしい。
 windoweraseの前にbtndown 0を挟んでみたりwaitを挟んでみたりしたが、効果なし。うーん、これはシステム的に無理か。

 以下、検証スクリプト。/は半角円マークに脳内変換してください。
*define
textgosub *textlb
game

*textlb
btndef clear
btndown 1
*textlb_btnwait
textbtnwait %0

if %0 == 0 systemcall windowerase
if %0 == -1 goto *textlb_end
goto *textlb_btnwait

*textlb_end
texec
saveon
return

*start

for %0 = 0 to 0 step 0
テスト\
next

[PR]
by lyricist_m | 2008-07-14 15:20 | NScripter
<< 特殊文字とstralias allsphideとallsp... >>