windowchip命令の挙動が微妙
 少なくとも自分の意図した通りには動いてくれません。
 lspやldを使っても指定したスプライトは表示されたまんまで、同期してくれるのはsystemcal windoweraseくらいのもんだと思うのですが。
 今回のアイマスものでネームウィンドウを使っていて、喋るキャラが変わるたびに消したり出したりしてるのですが、これをwindowchip使ったら楽になるかなーと思って試してみたものの、ダメでした。
 あと、texton/textoffではスプライト系の再描画を行っていないようで、ここらへんを上手く使ったらwindoweffectを指定したテキストウィンドウと同時に表示/非表示できたりしないかなーと試した結果、こちらも玉砕。

 なるべくアイマス本編の仕様に近づけようと頑張ったのですが、ネームウィンドウあたりは残念ながら無理のようです。出しっぱなしならいいのですが、アイマスは喋るキャラが変わるたびにテキストウィンドウ共々消去→再表示なんですよね。
 そこまで再現するなら吉里吉里あたりでやらないとダメかな。



 あと、昨日アップした引数ライブラリにreadme.txtを追加しました。
 次はパジャマシリーズで使った、見た目ほぼデフォルトまんまの回想の部分でもサンプルとしてあげましょうかね。
[PR]
by lyricist_m | 2008-04-17 19:17 | NScripter
<< ボタンラッパー 引数ライブラリ >>