メモ:既読スキップ
 既読スキップ中にif文で分岐させると、途中でスキップが止まることがある。
 if文を通過しても条件が成立していなければ、そこは未読だと判断されるから、らしい。if文の条件がこれまでずっと成立し続けていて、初めて条件が成立せずに下の文に処理が移った時もスキップは止まる。

 スキップを途中で止めないようにするにはどうするか。まだよく調べてないが、とりあえず止まりそうなところでsystemcall skipを使い、スキップしなおせばいいみたいだ。おそらくこれこれこのタイミングでスキップしなおさないといけない、という決まりがあるのだろうけど、とりあえず今は動いているからこれでよしとする。
[PR]
by lyricist_m | 2007-08-13 11:50 | NScripter
<< メモ:最小システムカスタマイズ monocro命令の計算式 >>