オプションの場所
 ずっと悩んでいることに「オプションはポジション的にどこらへんになるんだろうか」というものがあります。
 自分がNScripterでゲームを作る場合、基本的に1つのテキストファイルに1つの内容をまとめるんですよ。例えば、こっちのファイルにはtextgosubの処理を書いて、こっちには画像関係をまとめて、こっちには右クリックメニュー関連を……といった感じです。そしてこれらのファイルにはある程度の独立性を持たせるようにしてます。こっちのファイルを修正したからこっちのファイルも修正しないとダメだよね、っていうのを極力なくすためです。それに独立性を持たせれば他のゲームに使いまわすこともできますしね。
 で、問題になるのがオプションなんですよ。オプション画面で設定できる項目はテキスト処理に関してだったりBGM・SEに関してだったり、と多岐に渡ります。つまり、色々なファイルにちょっかいを出す感じになるんですよね。
 どうしたもんかなーと悩み続けて、最近はget/set系の自作命令をたくさん作ることで何とかしています。これだと独立性は保てるけど、色々と無駄な気がしないでもないです。処理速度遅くなりそうだし。
 一体どう書くのがベストなのか、他の人はどうやって書いてるのか。すごく気になります。
[PR]
by lyricist_m | 2007-07-07 19:16 | NScripter
<< コーディング規約(1)――定数と変数 monocro命令が効かない! >>