簡易スタック
 簡易スタックを実装してみました。サンプルはいつものごとく本家のNScripterページから。
 この簡易スタックは文字変数1個で実装してます。
 なので、あまりpushしすぎると(あるいは1個の要素が大きすぎると)すぐオーバーフローしてしまうかもしれません。具体的に言うと文字変数が1000バイト以上(半角文字が1000個以上)になったらエラーが出るように設定してあります。
 また、要素数が多い場合に速度に問題が出るかもしれません。
 ですが、ちょこっと使いたい場合にはこんなんでたぶんいいんじゃないでしょうか。

 本当は今日、穴掘り法で迷路自動生成をやるはずだったんですが、穴掘り法はスタック使うところがあるらしいのでスタックを実装せねばーとやり始め、いつの間にか迷路自動生成よりスタック実装に力が入ってました。構想10分、実装30分、テスト数時間?ってところでしょうか。お陰で穴掘り法はまだできてません。明日こそは……!
[PR]
by lyricist_m | 2007-06-26 22:38 | NScripter
<< atoiとitoaに対する違和感 限界シリーズ 変数・CSV編 >>