ボタン定義の限界
 迷宮用のマップ作成スクリプトを作っていたんですが、マップを読み込んで1マス1マスをスプライトボタン化した時に、一度にどれだけ表示できるのかわからなかったので、ちょっと試してみました。
 結果、一度にボタン定義できる限界はどうやら「511個」のようです。以下検証スクリプト。

*define
game
*start
btndef clear
lsp 0,":s#FFFFFFあ",0,0
for %0 = 1 to 1000
spbtn 0,1
csvopen "test.txt","w"
csvwrite %0
csvclose
wait 5
next
click
end

 ループが回るごとにtest.txtを新規作成し、ループの回数を書き込んでいます。つまり、test.txtを見れば落ちる直前のループの回数がわかるわけです。スプライトの最大使用可能数が1000枚だったので、とりあえず1000回ループを回してみることにしました。
 自分のPCと、サークルメンバーのPCで試してもらったところ、どのPCでも「511個」という結果でした。つまり、マシンパワーによらず、NScripterの仕様で「511個」までしかボタン定義できず、それ以上はオーバーフローになるようです。
 同じボタン番号を使っているにも関わらず、ボタン定義上書きではなくボタン定義上乗せ、って感じになるのが意外でした。
[PR]
by lyricist_m | 2007-06-01 20:39 | NScripter
<< スプライトの移動・描画 フォルダの存在確認 >>