システム層とゲーム層の分離
 何個かゲームを作ってきたのですが、今まで大体の基幹部分を1から作り直してたんですよね。作ろうとするたびにスクリプトの書き方が違っていたり、ファイル・フォルダの構成を変えたりしてましたから。
 でも、これじゃあいかん、効率が悪すぎるなとようやく気付きました。
 どんなジャンルのゲームにも使える一般的な「システム層」と、個々のゲームに特化した「ゲーム層」に分離し、システム層はどんどん使いまわしていくと効率がいいんじゃないかな、と思ってます。
 システム層にはまず一番上位にシステムがあって、その下位にテキスト、イメージ、サウンドが並んでる感じ。これらはライブラリみたいなもんで、、あくまで呼び出されるだけです。内部でなんらかの処理をすることはあっても、gotoでゲーム層からシステム層に飛んだりはしません。
 ゲーム層でカスタムウェイトやカスタムセレクト、エフェクト、右クリックメニュー、ログなどの実装。

 問題は、システム層とゲーム層の切り分け。セーブ・ロードの画面自体はゲーム層だろうけど、内部的な処理は一部システム層に預けちゃってもいいんじゃないかって気がするんですよね。*define_saveと*define_gamesaveとかで分けようかなぁ。
[PR]
by lyricist_m | 2007-05-31 21:49 | NScripter
<< フォルダの存在確認 btndownとisdown >>