【Elysion】『Yield』――消え去った彼らとは誰?
 ぼんやりとYieldを聴いてて思った事を一つ。
 歌の最後の方で、
――最後に現れたのは『仮面の男』
彼らが消え去った後 荒野に一人取り残されるのは誰――

 という歌詞がありますよね。
 今までは「ここで消え去った彼らとは仮面の男とルド子(Yieldにおける私)のことであり、荒野に一人取り残されるのは首を刈られなかった人だ」と思っておりました。
 が、「消え去ったのは首を刈られた人々で、荒野に一人取り残されていたルド子を仮面の男が迎えに来た」という解釈もありなんじゃないかなぁとふと思いついたのですよ。つまり、最終的に荒野には誰も残らなくなると。
 時系列の逆転が起きる(歌詞の通りに時間が流れていない)ので、少し厳しいかなぁとも思います。1番と2番で時間の順序が違うとか、そういう大きなブロックごとの時間の相違はありうるとしても、このたった二行の中で時間通りに行かないってのはどうなのかなぁ。

 とりあえず今日はここまで。次は「首を刈られたのは誰なのか」についてでも書きましょうかね。
[PR]
by lyricist_m | 2006-06-05 20:22 | SH考察
<< 【Elysion】『Yield... パソコンが >>