【Chronicle2nd】『聖戦と死神2』――ブキヲモタヌモノニナニヲスルノダァ
 今回のネタは、Chronicle2nd8曲目、「聖戦と死神2」。
 「親父はOffenburgで死んだ...」のくだりを言っているのは誰なのかということです。



 まず考えられる説その1は、発言者はゲーフェンバウアー(以下ゲー)であるというものです。自分はこれが一番可能性が高いんじゃないかと思ってます。
 その台詞に至るまでの流れを考えてみましょう。道を踏み外すんじゃない、目を醒ませというアーベルジュ(以下アベ)の言に対し、ゲーは「貴様にだけは言われたくないわ」と返します。お前も戦争で今までに何人もの人を殺してきただろうに、ここに来て一体何を言っているんだ。お前は道を踏み外してないと言えるのか? といったところでしょう。ここで件の台詞が入ります。家族も友も死んだ、その怒りからゲーは剣を振るっている……そういう流れになるのではないでしょうか。それは奇しくもアベが取ったのと同じ行動なわけです。

 で、次に考えられる説その2は、発言者=アベというもの。
 初めに考えていたのは「祖国を失ったアベは、約束の丘を取り戻すために戦場を駆ける。だがOffenburgで家族・友人までも失ってしまい、彼は何の為に戦っているのか、本当にこのままでいいのかわからなくなってしまう」って感じでした。で、ゲーにくそみそに言われたことで「このまま帝国にいるわけには……!」ってなって、その上での「親父は……」という台詞かなぁと。
 でも、Offenburgは真っ先に攻めたと「聖戦と死神3」でアベが言ってるんですよね。そんな時期から迷ってたのかよとセルフ突っ込みしてしまいました。可能性低し。
 また、あれは「俺は帝国を裏切るけど、家族も友人もいないから何も心配ないもんね!」という宣言なんだという話をどっかで見ましたが……これもちょっと厳しいかなと思います。例の台詞がが「待て...貴様帝国を裏切るつもりか」の後に入るのなら、話の流れとしては合うと思いますけどね。裏切るのか→いや、家族も友人も居ないし→まぁそれもいいんじゃねって感じで。

 で、その3。発言者はゲーとアベ両方説。
 その1+その2みたいな感じですな。ありえなくはないと思いますが、うまい説明が思いつかないので省きます。

 さて、最後にその4。発言者はゲーでもアベでもないよ説です。
 じゃあ誰になるの? って話ですが……それは周りに居る兵士達になるかと。ゲーの偽善者という言葉に「そうだそうだ!」と賛同する形で例の台詞が出た……という感じでしょうか。無くもない、と思いますが……他の兵士達をにおわせる歌詞が無い以上、これも厳しいかと思います。

 個人的には、1>3>2>4の順に可能性が高いと思っています。みなさんはどう思いますか?
[PR]
by lyricist_m | 2006-05-10 00:07 | SH考察
<< E3まとめ 嗚呼 >>