解読途中経過
 NScripter2の話。
 起動からメイン関数内の無限ループに至るまでの流れをだいたい把握しました。
 まだ未実装だったり、実装されてるけどマニュアルに書かれていない部分があったりしますが、大まかな部分は今後変わることはないでしょうから、NScripterとの違いも含めて、あとで記事にしようかと思います。

 Luaレベルのdefsubがmodule ("nscr2com",package.seeall)して関数定義(ただし関数名は全て大文字)するだけで出来るのはちょっと楽しい。
[PR]
by lyricist_m | 2010-01-07 08:06 | NScripter2
<< NSLua周りの覚え書き 年が明けたらしいですよ >>