引数の個数チェック
 luasub用の関数の最後で
if NSCheckComma() then
NSOkBox("引数が多すぎます","関数名")
end

 って書けば、引数の個数チェックが出来ます。

 今までは、引数が少ない場合ならエラーが出ていましたが、引数が多い場合は余計な引数を表示文として解釈していました。
 そのため、前者よりもバグの検出がしづらかったのですが、Luaのお陰で検出が可能になりましたね。いいことです。
[PR]
by lyricist_m | 2009-04-29 20:28 | NSLua
<< Luaスクリプトを新規作成する... 変数の衝突を回避する >>